レンタルならば何十万円かで素敵な振袖を着ることができます

振袖レンタル

成人式だけじゃない!振袖はこう着る!

きれいな女性

振袖に初めて袖を通すのは、皆さん成人式が初めてかと思います。振袖には袖を振る、つまり未婚の女性という意味があります。
結婚すると、お直しに出してお袖を切って、着物として着ることができます。昨今では、レンタル振袖をよく見かけます。華々しくて、成人式を彩るにはうってつけ。日本人としての風習として、ぜひ着ることをおすすめします。
着物なので、動き辛い面もありますが、その分いつもとは違い、たおやかな仕草になる自分を楽しむこともできます。浴衣も良いですが、なかなか着る機会のない、振袖をよく知って、新たな自分を発見してみるのも悪くはありません。振袖のレンタルも購入も、いわゆるピンからキリまであり、辻が花や総絞りなどは聞いたことのある方もいらっしゃるかと思います。職人さんが手で染める着物は数百万円となるものもあります。その点、レンタルならば何十万円かで素敵な振袖をレンタルすることができます。何十万円と言わず、小物や気付け込みで5万円!なんてこともあります。気に入ったお着物で出席するのがベストですが、お値段などとの折り合いは大事。納得のいく成人式になさってください。
お買い上げなら冒頭の様に、結婚してお袖を切って長く大事にすることもできます。この際はぜひ、訪問着などとして使いやすい色柄をお選びください。成人式のためだけの華々しすぎるお着物はお袖を切っても訪問着として来ていくには合わない場合もあるのです。

振袖のレンタル方法

ここでは、成人式に振袖を借りる場合を想定して話を進めます。
二十歳が近付くと、どこからか情報が漏れているため、振袖の勧誘のチラシがたくさん送られてきます。その中から選ぶコツは、まず、自分の好みの振袖が載っているかを確認することです。最近は派手な振袖も増えていて、そればかり取り扱っているお店もあるので、そういうのが着たいか着たくないかが、まず大きなポイントです。
次のポイントは、家から車で一時間以内の距離にあるかどうかです。あまり遠いと、着付けが終わってから成人式の会場までの移動が間に合わない場合があるので、要注意です。それから、成人式当日の移動は、絶対に車で行うことです。何故なら、慣れない振袖で長距離を歩くのは、色んな意味で危険だからです。成人式の会場に着いたときには型くずれしていた、となれば格好悪いです。
それから、レンタルにするか購入するかは、それからのことを考えるのが大事です。もし妹がいて、妹もその柄の振袖を指示しているなら、振袖を二着レンタルするよりは買った方が安い場合もあるので、いっそ買ってしまうのも手です。ただし、レンタルではない場合は、絶対に妹も振袖を選ぶ場に連れて行くようにしましょう。また、大学に通っている人は、卒業式で袴を穿くかも大事です。もし穿く予定があるのなら、あらかじめ袴の色も想定して振袖を買った方が、出費を抑えることができる可能性があります。

長い目で見て選ぶと一生着れる値打ち物

大学生の時から、習い事で「華道・茶道」を10年以上やっていた経験で、振袖を選ぶ機会が人より多いです。基本的には選び方は浴衣と似たような「自分の好みの柄や予算」で選んで良いのですが、習い事の種類やそのお教室、先生の雰囲気によって選んでも良いと思います。それと言うのも、成人式やお祝い事の席が目的の為だけに振袖を購入する人が多いのかもしれないのですが、茶道の席などで使うのには、少し役割によって地味に抑えた方が良い場合も少なくないからです。
成人式で振袖を選ぶ場合は、思い切り派手なものでも良いし、その後に着る予定がその時にないのなら、購入でなくレンタルが値段的にも撮影向きにも一番良いです。中古の呉服屋さんは今すごく安く購入する事は出来ますが、最近の女性は腕や身長が長くなっているので、中古品を扱うお店によっては長さが合うものが少ない場合が多いです。特に腕の長さで足りない人が多いようです。振袖、着物は買えば一生着れる位重宝するものでもある反面、自分のサイズにきちんと合わせて作ったものでなければ長く着ていくのは厳しいです。
また、成人式の時は20歳で大振りの派手目な柄を選ぶ楽しさもありますが、その後、知人のお祝いの席やパーティー、母親になった時に子供の入園式等で着るなどを考慮すると、茶道の「お手伝い係」の時でも使える様な落ち着いた色や小花柄位の抑え目な雰囲気の振袖を選ぶと、何十年と着る事が出来ます。

Pickup

私の出会った振袖

30代の主婦です。私が20歳を迎える時に母の希望で振袖を呉服屋さんで購入しました。約100万円くらい費用がかかりました。もともと振袖の購入に対して高いイメージがあり、数回しか着ないから勿体ないと…

»more

着物の種類~基本編~

着物には様々な種類があります。では、どんな種類があるのか見ていきましょう。まず、礼装着です。礼装着は特別な場や公的な儀式(冠婚葬祭など)の時に着ます。結婚式で着る花嫁衣装や本振袖の五つ紋…

»more

着物の季節について

着物の初心者には難しいのが季節ではないでしょうか。自分が着物を始めたのが春で、最初に購入したアンティーク着物で琉球紬でした。着付けの練習をしていたところ、そろそろ袷は着られない。5月になったら単…

»more

Post list

TOP